単衣と夏のきものに。【板締め絞りの綿麻きもの】

68,000円(税込)

仕立て有(単衣仕立後のお届け)仕立て有(浴衣仕立後のお届け)仕立て無(反物のままお届け)
99,320円(税込)
在庫なし
84,200円(税込)
在庫なし
68,000円(税込)
在庫なし
仕立て

布を縦方向、横方向にたたむ。
木型でその上下を挟み染める。
すると、木型で挟まれた部分は染まらずに白く残る。

たたみ方と木型のかたちを組み合わせて、多数の柄を表現することができます。
ひとつひとつの工程が手仕事で行われる技法なので、線の縁のにじみや、色のぼけ味が絶妙です。

手染めならではのやさしさ、美しさをまとった綿麻の生地はしなやかさの中に適度な張りを持ち、暑さを和らげます。

夏の間はゆかたや半衿をつけ足袋を履いて夏のきものとして楽しめる綿麻素材のきもの。
初夏や梅雨、夏が終わり涼しくなってからも帯やコモノを変えてお出かけに着て楽しむことができます。

綿麻の素材感と板締めならではの色と柄。
単衣と夏に幅広く使えるきものでカジュアルな楽しみを満喫しましょう。

経糸に等間隔で麻糸を使い、薄くしなやかながらも適度に張りがある生地に、板締めで「ガンギ」と呼ばれる柄を表現しています。

とても大胆な柄取りですが手染めならではの色のにじみ、ぼけ味があり、個性的ながら派手には感じないきものです。

京都で一反一反つくられていますので、同じものでも微妙に違うそれぞれの“味”があります。

帯はカジュアルな名古屋帯か半巾帯、長さのある細帯などで、濃い色目のものや白っぽいものと相性がよいですね。

夏のきものとして、浴衣として、単衣のきものとして幅広くお楽しみいただきたいきものです。

【板締め絞りの綿麻きもの】
○素材:木綿・麻
○産地:京都
○お色目:紫(京紫)×白
○柄:板締め・ガンギ
○仕立て:単衣仕立て
○着用時期:単衣(6、9月)、盛夏(7、8月) 
※地域によっては5月下旬〜
○反物巾:40cm
○最大裄:74cm
○お届けまで:お仕立ての場合は4週間以内の発送。反物でのお届けは2営業日以内の発送。

※お仕立代(単衣):¥29,000 (国内仕立・水通込・税別)
※お仕立代(浴衣):¥15,000 (国内仕立・水通込・税別)

【「きもの仕立」と「ゆかた仕立」の違い】
「きもの仕立」-衿を広く仕立てます。着るときに好みの衿巾に調整ができ、長じゅばんを着て単衣・夏物としてお使いになりたい方にオススメです。

「ゆかた仕立」-バチ衿と呼ばれる長じゅばんの衿と同じように、あらかじめ衿を半分に折って仕立てます。着るのが手軽で簡単になるのでゆかたとして着たい方にオススメです。

イメージはありません。

仕立て
仕立て有(単衣仕立後のお届け)仕立て有(浴衣仕立後のお届け)仕立て無(反物のままお届け)
99,320円(税込)
在庫なし
84,200円(税込)
在庫なし
68,000円(税込)
在庫なし